安くて早くて丈夫な屋根リフォーム『A型カバー工法』

渡辺板金が開発した、青森県板金工業組合公認の、安くて早くて丈夫な屋根リフォーム工法、それが『A型カバー工法』です。A型カバー工法は、今お使いの屋根(立平葺き)をはぎ取らずに、その上に新しい屋根(A型立平葺き成型板)を重ねて施工するため、お財布にも環境にも優しい工法です。

A型カバー工法のメリット

今の屋根の上に新しい屋根を重ねます。
  1. はぎ取らないので低価格

    通常屋根リフォームというと既存の屋根をはぎ取るわけですが、A型カバー工法は上に重ねる方式。つまり、はぎ取る費用がかからないので、低価格での施工が実現できます。

  2. 産業廃棄物が少なく環境に優しい

    既存の屋根をそのまま生かしますから、産業廃棄物がほとんど出ません。

  3. 施工中の養生がしやすい
  4. 野地の損傷が少ない
  5. 外壁との取り合いが収めやすい
  6. 多少の雨天時でも施工可能

施工方法

  1. 縦馳を軒先より水上へ300mmカットする
  2. 軒先およびケラバの唐草下地木材を取り替える
  3. 唐草を取り替える
  4. 縦馳部にサビ止めを塗布する
  5. ルーフィング敷き込みはドブ底巾一杯とする
  6. 軒先納めは、馳を倒す
  7. 現場実測の際は、既存のドブ巾を正確に計測する
  8. 既存の縦馳が曲がっている場合は正しく修正する